診療案内Consualtation

診療科Departments

当院では一般内科疾患である、風邪や生活習慣病などの診断・治療はもちろん、
消化器内科医としての専門性を活かした医療の提供を心がけております。

お悩み相談Q&AQ&A

患者様からよく頂くお悩みやご質問内容をまとめております。
不安なことや疑問に思うことがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

検査について

  • 胃カメラは受けたことがないのですが大丈夫ですか?

    心配要りません。十分説明させていただき、納得して検査を受けていただきます。また当院は、直径5.9mmの極細径の内視鏡を使用していますから患者様の苦痛もほとんどありません。さらに、不安の強い方は軽い鎮静剤を使用して眠っている間に検査を済ませることも可能です。

  • 経鼻内視鏡は画像が悪いと聞いたのですが本当ですか?

    そんなことはありません。鼻からの内視鏡が始まった頃はやや劣っていましたが、近年の設備では、経口の太い内視鏡と引けをとらないくらい美しい画像で観察できます。当院でも最新の高画質の経鼻内視鏡を設備しております。(また胃の細胞を調べる病理検査も可能です)

    経鼻挿入とは

    もともと外科医の先生の発想から生まれた新たな手技です。手術の前後や、腸閉塞の治療などでは鼻からやや太めのチューブを入れることから発案されました。
    胃カメラがきついのは、口から入った太いスコープが舌根部を圧迫することにより起こる、嘔吐反射のせいです。鼻から入ったスコープは、中鼻道あるいは下鼻道を通過し、下咽頭部に垂直に下りてくるため、スコープが舌根を圧迫することなく、嘔吐反射の苦しさはほとんどありません。鼻の局所麻酔だけで、検査中は、先生と会話をしながら一緒に胃の中を観察することができます。また検査後の車の運転も全く問題ありません。
    鼻から内視鏡を挿入する順序は、まず鼻から約2ccのキシロカインビスカスという局所麻酔薬を注入します。その後、5.9mm径の軟らかいチューブを挿入して鼻の麻酔を完全に行います。鼻の麻酔を丁寧に行うことで、鼻から内視鏡を挿入される違和感・痛みなどはほとんどありません。また、鼻出血もほとんどないため、安心して検査を受けることができます。但し、鼻腔が狭い場合は経口からの挿入になります。
    鼻からの内視鏡についてもっと詳しく知りたい方は、富士フイルムメディカル株式会社「鼻から.JP」のWebサイトをご覧ください。

  • 大腸カメラは痛いし大変だと聞いていますがどうですか?

    たしかに便秘の強い方は腸が長く・曲がりが強いため内視鏡の挿入が難しいことがあります。さらに、お腹の手術を受けていらっしゃる方で癒着の強い方は、痛みを伴うことがありますが、それ以外の方はほとんど問題ございません。また大腸カメラは術者の技量にも大きく左右されます。

  • 大腸検査後おなかがはって、しんどいと聞きましたが本当ですか?

    当院では、当初より、無駄な送気がないよう十分注意しております。また開設時から、内視鏡用炭酸ガス送気装置を導入しました。これまで大腸検査の際は、腸管内に空気を送っていましたが、この装置により炭酸ガス(CO2)を送気できるようになりました。炭酸ガスは体にほとんど害はなく、空気と比べて生体吸収性に優れていることから、拡張した腸管を速やかに収縮させ、患者様の膨満感からくる苦痛を緩和してくれます。従って、検査後にお腹がはって痛い・しんどい、などの症状はほとんど感じなくなりました。

予約について

  • 胃カメラの検査は予約が必要ですか?
    電話でも予約できますか?

    受診後の後日予約、電話予約ともに承っております。ただし、症状がある方は予約の状況次第では朝食を摂っていなければ当日検査をすることができますので、ご来院前に一度お電話をいただければありがたいです。また、基本的には胃カメラ検査は午前中に行いますが、朝食・昼食を摂っていない場合に限り、午後に検査を行うことも可能です。

  • 大腸カメラの検査は予約が必要ですか?
    電話でも予約できますか?

    大腸カメラは、検査前日・当日に下剤の前処置が必要のため、一度当院を受診していただき、検査の予約を行います(受診後に下剤の処方をお出しします)。

    前処置とは

    大腸検査を安全かつスムーズに行うには、前処置が大切です。検査前日は原則検査食(検査食でない場合は、うどん・おかゆなどの消化の良い食事)をとり、夜から下剤を飲んでいただきます。
    当日は、朝から約1.8リットルの洗腸液を2時間程度で飲んでいただき、お昼から検査を始めます。検査時間は、個人差はありますが15分~20分程で終了します。検査中は点滴で血管確保し、心拍数・酸素濃度などを経時的に観察し、安全に行っております。

  • 胃カメラと大腸カメラの検査を一緒に受けることはできますか?

    可能です。予約方法は大腸カメラと同様で、検査時に胃カメラ、大腸カメラを連続して行います。基本的に検査は午後に行います。

料金案内Price list

内視鏡検査(胃カメラ・大腸カメラ)にかかる費用についてご案内いたします。
患者様の健康状態や処置の内容によって金額は変動いたしますので、およその目安としてご活用ください。

初診料・再診料

検査料金 / 負担割合 1割負担 2割負担 3割負担
初診料 280 560 840
再診料 120 240 360
特定疾患療養管理料 230 450 680

胃内視鏡(胃カメラ)

検査料金 / 負担割合 1割負担 2割負担 3割負担
胃カメラ(検査のみ) 1,600 3,200 4,800
胃カメラ(検査+病理組織検査) 2,900 5,800 8,700
  • 初診料・再診料は含まれておりません。
  • 経口内視鏡・経鼻内視鏡どちらも同じ料金となります(鎮静剤や点滴など、使用する薬剤によって費用が異なります)。

大腸内視鏡(大腸カメラ)

検査料金 / 負担割合 1割負担 2割負担 3割負担
大腸カメラ(検査のみ) 2,000 4,000 6,000
大腸
ポリープ切除(2cm未満)
1個切除の場合
6,400 12,800 19,200
  • 初診料・再診料は含まれておりません。
  • 検査前日の前処置に必要な費用(検査食や下剤など)の料金は含まれておりません。

がんの早期発見・早期治療のために

気になること、不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。

TEL.
096-331-0303

電話受付時間 / 月〜土曜 9:00〜18:00

(休診日:水曜午後・土曜日15時以降・日祝日)